育児日記2歳6ヶ月

今年はそろそろ個展再開にむけて動き出そうかと思っていたのに、
コロナの影響で当面は開催できそうもない。

息子が寝付いて、
家事なども一段落した夜は、
今はイーゼルをたてたり、
アクリル絵の具を出しておいたりできないので、
パステルやペンでの絵画やイラスト制作。

息子がふと目を覚まして
「ママ~!!! ママいない~!!!」と泣き叫んだりすることもあるので、
没頭はできないけど。

コロナ退散の願いを込めてアマビエ様を描いたりも。

個展ができないぶん、
SNSにそうした作品をアップしようと思い付き、Twitter始めました。

目下、コロナ退散の願いと、癒されたいので、
大好きな絵画作品に登場する天使を自分流に描いたりしています。

ご興味ありましたら、
のぞいてみてください。

子育てのつぶやきなども。
↓ ↓ ↓

hoshinococo (@hoshinococo1)
https://twitter.com/hoshinococo1?s=09


イラストのお仕事の依頼もあり、
うれしい限り。
息子を寝かしつけてから、せっせと制作。
ふと目を覚ました息子に呼ばれて、
大急ぎでベッドへ駆けつけたりしつつ、頑張っています。


息子の体の成長として、
左下の第二臼歯もはえてきた。
これが18本目の歯。

息子の歯の健康を守るため、
3度の食事のあとの歯磨きと、
ハキラやキシリトールのタブレットを食べさせたりしている。


5月26日(火)

母の心臓病の通院日。
コロナの影響で、電話診察に変更。
母だけでは心もとないので、
私も息子を連れて実家へ。
母とともに病院からの電話を待った。
ようやく正午に電話が来て、
お薬は1ヶ月ぶんの処方箋を院外薬局にファックスしてくれるとのこと。
ところが病院こら院外薬局への連携がものすごく遅く、
夕方になってもお薬ができない。
結局、薬局が閉店する6時ギリギリに受け取ることができた。
コロナで、
〈新しい生活様式〉をしていかなくてはならないのだから、
あらゆるところが対応に不慣れで大変なのかもしれない。
てまも息子は、大好きなばあばと過ごせ、
楽しい1日だったみたい。
「のーちゃん(ばあばの愛称)と、◯◯くん(自分の名前)と、ママと、いっしょにたべるの♪」
とお昼もわくわくだった。


6月4日(木)

息子のアトピーのお薬の手配を、
電話による処方箋発行にしてもらった。
お薬の準備が出来ると院外薬局から連絡をもらえるので、極力密を避けられる。
息子の病院は、手際がよく、
お薬もお昼過ぎには受け取れた。



6月6日(土)

母が誘ってくれたので実家へ。
息子はやはりおおはしゃぎ。
我が家同様に、知り尽くした実家であちこち動き回り、遊んだ。

6月10日(水)

にこにここども館にて320教室。
3歳までに20本の乳歯を健やかに保とうという教室で、
今回は第2回目。
当初、4月に実施される予定で、
予約もしていたが、コロナの影響で中止に。
ようやく実施された。
集団健診による、歯科健診と、フッ素塗布。
受付でも密にならないよう待ち合い場所の椅子は離してあり、
会場に入る前には母子ともに検温。
なるべくマスクを着用するようにとのことで、
息子にも布マスク。
会場内でも、床にテープがはられ、
人との距離を取るように工夫されていた。
内容も簡略化され、
第1回目には行われた、歯に食紅から作られた赤く染めるものを塗布し、
歯みがきをする行程は今回は無かった。
でも、歯科健診を待っている時間に、
栄養士さんと食生活についての疑問を話す時間もあり、良かった。

6月14日(日)

東京にいる親友が、幼児甚平の型紙もつけて、生地などを送ってくれた。
息子が好きな機関車トーマスのおかし入りバッグには、息子のテンションアップ。

2_20200623143001 完成した甚平

Dsc_0055 あずま袋

6月16日(火)

母のお買い物のお供。
衣料品を買いに行きたいとのことで、車を出す。
息子、大喜び。
お店では母に夏用の服を買ってもらったり、
そのあとスーパーで大好きなゼリーやアンパンマンパンを選んだりしてご機嫌。
ところが、
実家に戻り昼食の準備をして息子の前に並べたとたん、
両手でうどんをわしづかみ、
ぐちゃぐちゃにしてぶちまけた。
その前に車で
「チュッチュ(チューチュー吸うスムージー)のむ」だのやりたい放題だったし、
プチンと来てしまい、息子に大声で
「なにやってんの!!」と怒ってしまった。
大声で泣き出す息子。
母は、それをあやしつつ、
私に先に食事するように言ってくれたけど、
あんまりいろいろ息子のわがままが重なったので、イライラしてしまった。
帰宅後、母がメールをくれて、
読んで涙が止まらなかった。

〈 聞き分けない時期ですが、子供叱るな、来た道だ、年寄り笑うな行く道だ、と言われますね。
悪い事をした時には仕方ないですが、叱るのと、怒るのは違うから、自分の感情を子供に合わせないようにしないとね。私も二人とも可哀想になり、困ってしまいまし た 〉

感情で怒ってしまい、ごめんね。
母にも心配かけてこめんなさい。


6月20日(土)

父の日の前日なので、
父の職場に息子と選んだポロシャツを届けに。
前もって、行くことを伝えていたこともあり、
父は、フルーツをいろいろ用意していて持たせてくれた。
息子にっこり。

3_20200623143001
コロナの不安が払拭されないうちは、
みんなで旅行とはいかないから残念だけど、
またじいじばあばと一緒に三世代旅行がしたいね。

 

1_20200623143001
最近はこんなスタイルで近所を散歩したり、
人がほとんどいない公園を散歩したり。少しづつ外に出る時間を作っている。

車や電車好きな息子は駅付近を散歩するのが好きみたい。

2020年5月22日 (金)

育児日記2歳5ヶ月

ssage body

4月30日(木)

息子のアトピーの通院予定日。
新型コロナウイルス対応で、電話診察に変更してもらえた。
担当医から電話がきて、
息子の状態やお薬の話をする。
処方箋はいつも使っている薬局に、病院から連携。
お薬の準備ができたら薬局から電話が来て、取りに行った。
カウンターはコロナ対策でシールドしてあった。
薬局で保険証等を見せ、お薬を受け取り完了。
病院での待ち時間などがなく、この状況下では良い対応だと感じる。


5月7日(木)

少し早めだけど、母の日のプレゼントを届けに実家へ。
母の大好きな深い赤の薔薇をメインにしたアレンジメント。
とても喜んでくれた。
息子はいつもながら、大好きなばあばにまとわりついて、
やりたい放題楽しんだ。

新型コロナウイルスのせいで、ゴールデンウィークも自宅で過ごし、
特別なことは出来なかったし、
実家に遊びに行くことが、とても楽しかったみたい。
1_20200522121701

5月13日(水)

メロンとうなぎを届けに私の父の職場へ。
父の誕生日が近いので、父の好物をプレゼント。
息子は大好きなじいじに会えてうれしそう。
往復1時間のドライブ。
ちょっとした外出で、私も気分転換に。


5月20日(水)

大型スーパーにて、ようやくホットケーキミックスを発見!
ゼライスは完売だったけど、
ホットケーキミックスでニンジン蒸しパンが作れる♪
息子は紫の野菜と果物100%ジュースとゼライスで作る自家製ゼリーがお気に入り。
そのためゼライスが欲しいのだけれど、
コロナ以降は、さまざまなものが買えなくなっている。


5月21日(木)

私の父の誕生日。
ここ数日、気温が低めだからと母がおでんを作り、
取りにおいでと誘ってくれたので、実家へ。
父には電話で誕生日おめでとうを伝える。
息子はスマホ画面に手を振って。
実家の庭にはマーガレットがたくさん咲いていて、とてもきれいだった。
ばあばにたくさん甘え、
好物を食べてごきげんな息子。
帰りたがらず車に乗せようとすると
「かえらない!」
「のーちゃん(ばあばのあだ名)も のる!」
と主張。
乗ってからも
「おうち かえらない!」
「もっと のーちゃんちで あそべるよ!」
「のーちゃんちにかえる!」
と叫んでいたものの、
車の揺れでコテンと寝てしまった。
2_20200522121701
緊急事態宣言が解除になったとはいえ、まだ以前の日常は戻ってこない。
申し込んでいる幼稚園のプレの活動再開は9月になるようだ。
Dsc_0905 このくらいの大きさのキュウリやトマトはパクパク食べられるようになった。

2020年4月23日 (木)

育児日記2歳4ヶ月

3月24日(火)

母の通院送迎。
心臓で定期的に検査し、お薬を飲んでいる母の通院日。
息子は大好きなばあばに会えてうれしそう。
病院が終わって、3人でお食事。
ばあばがトイレに行くのにも付いていき、
大好きなばあばにまとわりついていた息子。
食欲も増すのか、うどん、
ポテト、かにクリームコロッケ、オレンジジュースもぺろり。

3月29日(日)

両親とみんなでキッズスペースのあるレストランで食事。

Dsc_0492

3月31日(火)

ママ友とキッズスペースのあるレストランでランチ。
そのあと久しぶりに子育て支援センターへ。
子育て支援センターは開いており、
スタッフは換気やオモチャの消毒をしていた。
息子は、お気に入りの機関車トーマスのプラレールで遊んでいた。
やはり話題は新型コロナウイルスのことだった。


でも、これを最後に、日に日に新型コロナウイルスの影響が大きくなり、
福島県内では最初は2名だった感染者があっという間に増えていき、
育児サークルも当面中止にしたし、
プレを申し込んでいた幼稚園から連絡が来て、
8月まで中止、状況を見て可能なら9月から再開予定とのこと。
そしてついに緊急事態宣言。

今後はますます不要不急の外出をせず、
お部屋遊びを工夫しなきゃ。
お友達と会ったり、外食も控えないと。

ダイソーで購入した絵合わせのカード遊びや、
小麦粉ねんどが活躍中。

2_20200423133301

そんななかでも桜は美しく咲いた。

息子はいわゆる言葉の爆発期で、
「◯◯は~、△△だから~、□□するの~」など複雑な文章も発するようになった。
大好きな車や機関車トーマスのオモチャで遊ぶときは、
自分の行動を言葉にして話し続けている。

食べ物は、またブロッコリーブームが再来。
みじん切りにしなくても、ムシャムシャ食べてくれ、うれしい!
ピーマンも、とりささみの肉詰めにしたら、手づかみでどんどん食べ、うれしい驚き!


4月4日(土)

1_20200423133301 何を見つけたのかな?

家族だけで花見できる格好のスポット、実家でお花見。
お外遊びができて、息子ははしゃいで駆け回った。
お庭で母と並んでベンチに座り、
鮮やかな黄色の花を咲かせているレンギョウを見たり、
珍しそうにクリスマスローズを見たり。

Dsc_0543

4月18日(土)

両親の分、作った布マスクを届けに実家へ。
残念ながら、じいじは仕事で出先におり、会えなかったけど、
大好きなばあばと遊んだり、
新幹線の乗り物を家中乗り回したり、
どんどん出してくれるおいしいフルーツをもりもり食べたり。
私もとても良い気分転換に。

このところ、息子の寝かしつけたあと、
せっせとマスク作りの日々。
いささか寝不足で、
「かあさんが~、夜なべ~をして」のメロディが頭のなかをリフレイン。
5_20200423133301
でも、行く回数を減らしている買い出しのときに見ても、
マスクはいつも完売だし、
夫の仕事は在宅でできるものではなく、
県内の固定取引先とはいえ外回りなので心配だし、
もはや
作るしかない。

3_20200423133301

息子をたまには思いっきり外で遊ばせてあげたいけど、
22日現在、県内の感染者は65名。
郵便局でクラスターも起きており、怖さが増す。
新型コロナウイルスにかかると、
乳幼児は年齢が低いほど重症化するというデータもあるとのことだし、
子育て支援センターも、図書館なども閉鎖、
公園の遊具も使用禁止。
今は収束を願うばかり。

 

カットしたトマトなどを用意、息子がパンにのせたピザトースト

6_20200423133301  Dsc_0749

                 ↑

               バナナ入りのホットケーキなどもお気に入り

Dsc_0347  Dsc_0511

パンとエビ好きの息子のためにエビのパンドリア

2020年3月23日 (月)

育児日記2歳3ヶ月

2月27日以降、新型コロナウイルスの影響で、
生活ががらりと変わってしまった。

郡山市の決定で各所、こどもが遊べる場所が当面閉鎖、
児童館も一部しか使えない、
こどものイベントはすべて中止。

さらにはマスクどころか、
トイレットペーパー、ティッシュペーパー、キッチンペーパー、
おむつやお尻ふき、生理用品まで完売でお店から姿を消してしまった。
パスタやお米まで品薄に。

公園など不特定多数が触れる遊具も、
安全とは言えないとのことで、
外遊びも躊躇してしまうし、
家のなかだけでは体力もて余す息子に、
音楽をかけてダンダン体操を一緒に踊ったり、
パプリカを踊ったり。

1_20200323212101 お部屋遊びでお絵描き


世の中殺伐とした雰囲気に、
なんだかなぁ~と気持ちが滅入りそうだけど、
たまたまダース・ベイダーの帝国のテーマをかけたら息子がハマり、
「だん!だん!だん!」
と言いながら部屋を歩き回るのが面白くて癒されたり。

私が代表の育児サークルも、
3月いっぱいは活動を自粛することに。

そんななか、
言葉がどんどん発達。
いわゆる爆発期が来たようで、
こちらの言うことをおうむ返しにしゃべったり、

「またしーしーでたよ」「しゃしん 見たい」
「やだの いやいやき」←(いやなの イヤイヤ期なの)の意味らしい
「いやいやき なっちゃったよ」「トーマスみたい」
とか、
こちらがつい使ってしまう
「ヤバイ!」
などもすぐさま真似して
「やばい」。
自分の名前も言えるようになったし、
ある程度の会話のキャッチボールが可能に!

「ママ、とっち(こっち)」と司令官になり、
部屋の両隅に私と夫を立たせ、
ダダダダと走って交互にタックルの勢いで抱きついてきたり。
この遊びは目下、気に入っているようで日々、
部屋に立たされタックルを受けています。

息子の元気な様子がなにより。

自分で靴を履いたり、ズボンを脱ぐ、履くこともしたがることも。
成長しているんだなぁとしみじみ。
「じぶんで」と何でもやりたがり、
買い物に行ったときなどはカートを独りで押したがり、
サポートすると大泣きして手出しするなと怒ったりするので困る場面も。

3_20200323212101 ←靴を自分で履こうとしている

2月24日(月)

実家へ。
じいじ、ばあば大好きな息子。
じいじは日帰り温泉と理容室の予定があり出掛けてしまい、
少ししか会えなかったけど、
ばあばにまとわりついてたくさん遊んだ。
ばあばが出してくれた、デコポンはものすごく気に入った様子。
私が皮をむくのも待ちきれないで顔をめちゃくちゃ近づけてきて、
早く食べたいアピール。
結局、急かされながら皮をむき、
次々にお口に入れてあげていたら、
デコポン1個半もぺろり。
何をしても怒らないし、
優しく遊んでくれて、
さらに美味しいものが次々に出てくるばあばの家は、
息子にとってパラダイス!?


3月5日(木)

みんな、こどもをどこで遊ばせればよいか、頭を悩ませているから、
のびのび子育て広場で知り合ったママ友さんをお誘い。
お嬢さんと遊びに来てくれた。

お嬢さんは息子より7ヶ月年上だけあって、
言葉やお食事のときなどもとてもお姉さんっぽい。
息子は、車に同乗したり、
ボールハウスに一緒に入ったりして楽しそう。
良い刺激になったみたい。

3月6日(金)

息子と同じ年齢の男の子を育児中のママ友さんと、幸楽苑へ。
息子は初ラーメン!
「らーめん、らーめん」
とかなり気に入った様子。
ちゅるちゅるちゅるともりもり完食。
お食事のあと、ママ友さんのお家で遊ばせてもらい、
帰りの車ではグッスリ。


3月10日(火)

ママ友さんとご子息が遊びに来てくれて、
一緒にランチしたり家にあるオモチャで遊んだり。
このご時世で遊ぶ場所も限られているから、こうした機会は大事だなぁ。

3月13日(金)

実家へ。
母が、ミートローフや、特製カレー味のヒレカツを作ったので取りに来てと誘ってくれたので、
ばあば大好きな息子を連れていそいそと。


Dsc_0057

こちらは目下、息子がハマって「しめじ しめじ」と催促され作ったキノコとサーモンのパスタ

3月17日(火)

子育て支援センターにて、アロマの消毒ジェル作りが行われ参加。
アロマの先生いわく、
新型コロナウイルスの影響で、
アロマスプレーを作りたくても、
スプレー容器が入手できなくなっており、
エタノールも完売で、手持ちの在庫のみ。
その貴重なエタノールを使い、香りの良い消毒液が完成。



3月19日(木)

再びママ友さんと幸楽苑へ。
前回、息子がラーメンをとっても気に入ったので再度。
今回も、麺を私が口に運んであげるのも待ちきれず、自ら手でもつかんで食べるほど。
ママ友さんの家でおしゃべりし、私も気分転換。
息子も、お友達と食事したり遊んだりして刺激になったみたい。

2_20200323212101 ←お手伝いも上手。ママのすることを真似たがり玄関のお掃除。

3月20日(金)

両親と私と息子の4人でお墓参り。
夫は用事があり別行動。
私と息子は、お墓参りへ。
大好きなじいじ、ばあばと会えて、息子は楽しそう。
最初に供えるお花を買いに行き、
ついでに大好きなイチゴを、
じいじに箱でたっぷり買ってもらった息子は目を輝かせてニッコリ!
じいじと手を繋いで買い物中もずっと楽しそうに歩き回っていた。
両親双方のお墓や親戚のお墓をまわるので、
半日がかりであちこちのお墓へ。
かなり歩くけど、息子はお散歩気分で、
じいじと手を繋ぎどんどん歩いたので、
「よく歩くなぁ!」とじいじもびっくり。
日頃の行いがそんなに悪いつもりはないのに、
この日のお天気はめちゃくちゃで、
晴れたかと思うといきなり暗くなり雨が強く降ったり、
また止んで太陽が照ったりの繰り返し。
それでもなんとかお墓参りを終え、
ファミレスでお食事。
母は料理にとてもこだわりがあり、
なんと人生で一度もマックなどのファーストフードは食べたことがなく、
ファミレスにも孫ができたから初めて入ったという、
私からしたらびっくりな存在。
そんな母が孫のためにはファミレスで食事、とちょっと感動。

5_20200323212101
新型コロナウイルスの影響がどんどん広がっており、
郡山市内でも感染者が出てしまった。
これからどんな影響が出るのかと、
不安もありつつ日々育児にいそがしく過ぎている。

2020年2月25日 (火)

育児日記2歳2ヶ月

ssage body

新型コロナウイルスの猛威で、
生活のあちこちに影響が出てきている。
花粉症なのに、マスクがどこを探しても手に入らない。
まだまだ抵抗力の弱い幼児がいるので、
出先などで手を消毒したい場面も多いが、
手ピカジェルなども完売で手に入らない。
▽お気に入りはエビピラフ
1_20200225221401

さて、息子との日々はと言えば、「おむつ ぽい したよ」と三語文が出るようになった。

息子のブームはいろいろあるけど、
継続中なのが、洗濯物手渡し任務。
洗濯かごからひとつひとつわたしに手渡すという任務で、
それを忘れて私がさっさとやろうものなら、キーッ。
なのでどんなにそれがゆっくりであろうと、私のペースですすめないよう注意が必要。
そして、家中の家電のスイッチオン・オフ任務。
とにかく部屋の電気からファンヒーター、
ボイラーから空気清浄機のスイッチに至るまで、
あらゆるスイッチを押したがる。
なのでこれも届かない位置のスイッチは、抱っこして押させる。
そうせずについ私が電気をつけようものなら、
「でぃーぴー!!」(電気をぴ(つける)したい!!)と泣きわめくため、これも注意が必要。
最近では、自分が遊びに集中したいとき
は、
「ママ、いいよ」と
私がスイッチを押すことを許可してくれることも。

買い物へ行くと、ショッピングモールなどではエレベーターのボタンは当然押したがり、
エスカレーターで昇降するのも楽しいようで、
「もっと!」と何度かエスカレーターで昇降することも。


1月26日

ニコニコこども館にて運動遊び。
親子で体をほぐすストレッチをしたあとは、
いろんな動物の動きで行進。
フラフープを使ったり、新聞紙を使ったりして楽しく体を動かし、
大人のほうが汗だくに。


1月28日

キッズクラブ(幼稚園のプレ)にてペットボトルでオモチャ作り。
2_20200225221401
この日、前回も遊んでいたボールを奪い取られ泣かされた男の子に、
またしても、遊んでいたブロックで作った車を奪い取られ、
目の前でめちゃくちゃに壊されてギャン泣き。
さらにその子が、私が間に入って止める間もなく泣いている息子の後ろにまわり背中を押してきた汗
その子のお母さんが飛んできて、
「上がいるもので、乱暴になっちゃって」とか言っていたけど。
こういうとき、大人はどう対処するのが良いんだろ。
とにかく息子のことは抱っこして落ち着かせることしかできなかったけど。
相手のこどもを叱っても、まだ通じないだろうし。
下手に叱ったりすると、相手の親とトラブルになったりするケースもあるようだし。
これからこうした場面はまだまだ出てくるだろうから、
経験積んで対応していかないといけないなぁ。
その時は、やられっぱなしで泣いているだけの息子を不甲斐なく感じてしまったけど、
相手は半年以上月齢が上みたいだし、
やられても我慢した息子を、
えらかった!とほめてあげればよかったな。
他の子に手を出したり、オモチャを取ったり、やり返したり、ということは、
息子は今のところしないので、
我慢するタイプなのかな?
だから内弁慶で家ではものすごくワガママになったり、
ずっと甘えてたりするのかも。



1月28日

夜になって、私が貧血と低血圧、頭痛で急に体調不良に。
暖かくした部屋で厚着しても、
手先とか氷のように冷たくなり、
息子と思い切り遊べない状態に。
そんな私のことを気遣ったのか、
息子が両手で私の手を包み込み、自分の胸にあててトントン。
夫さえ私の体調不良に気が付かないのに、
なんて優しい息子なんだ~(涙)
ありがとう息子!


1月29日

プレで作ったペットボトルのオモチャをアレンジし、
機関車トーマスと仲間のパーシー、ジェームスを製作。
気に入った様子の息子、さっそく並べたり手押しで動かしたりして遊んでいた。
3_20200225221401


1月30日

私の体調も回復し、実家へ。
大好きなばあばに飛び付いてはしゃぐ息子。
お気に入りのトーマスたちのトミカを持参。
ビニールで作った猫で遊んだり、
スポンジで積み上げ遊びをしたり、
次々に出してくれる好物のリンゴやバナナを食べたり、
楽しい時間を過ごし、
帰りの車ではぐっすり。


1月31日

ニコニコこども館にて節分イベント。
紙コップにシールを貼って鬼の顔をつくり、
豆に見立てた丸めた紙をまいたり、
鬼のパンツの絵本と歌を楽しんだり。
参加していた女の子たちがとても元気で、
息子は圧倒されてしまい、豆を拾ったりできず。
この日はまた、イベント後ママ友と、
キッズスペースのあるカフェへ。
息子はキッズメニューのカレーをぺろり。
トムとジェリーのDVDには関心を示さなかったけど、
ルーピングコースターにはまり、
しばらく熱心に遊んでました。
ご一緒したママ友のご子息は息子より月齢が上で、
「いっしょにあそぼーよー」などおしゃべりも上手で、
息子を遊びに誘ってくれるから、
だんだん慣れて一緒に遊べるようになるといいなと期待♪


2月2日(日)

ニコニコこども館にて、キッズマン豆まきコンサート。
大きな赤鬼が出て来て、
こどもたちが布でできたを玉投げて退治。
息子はキッズマンのテーマ曲に合わせ楽しそうに体を動かしていました。
11_20200225221401 ビーフハヤシ このくらいのお肉も食べられるようになった
ビッグアイの展望室へ。ジオラマを楽しんだり機関車の運転手気分を堪能。
Dsc_9336   Dsc_9348

2月3日(月)

子育て支援センターにて、豆まきイベント。
鬼のお面を作ったり、
鬼のパンツの歌や、
桃太郎のエプロンシアターを楽しみ、
紙コップで豆入れを製作。
ピーカーブー、息子の好きなパプリカのダンスもあり、
楽しい節分になりました。

夕飯はツナと玉子焼きを具にした恵方巻きを作ったら、
海苔巻き好きな息子はもりもりぱくついてペロリ。
5_20200225221401 お家で豆まきをしたとき


2月4日(火)

幼稚園のプレ。
冒険遊びというテーマで、
みんなでロープにつかまり電車ごっこで歩いたり、
神社参拝したり、
トランポリンや一本橋などの遊具で遊び、
お星さまキラキラのスティックのお土産もいただく。
電車ごっこはかなり楽しそうに歩いていた。

2月6日(木)

サークル活動初日。
サークルの代表を引き受けたこともあり、早めに公民館へ。
予約の部屋の鍵を受け取り暖房で室内を暖めつつ、
メンバーが集まるのをちょっとドキドキしつつ待った。
この日は11組の母と子が集まり、
持ち寄ったお気に入りの絵本を順番に読み聞かせしたり、
今後の活動について話ながら茶話会をしたり。

サークル活動後、一番親しくなったママ友と、デパートへ行きランチ。
そのあとうちでお茶しておしゃべり。
彼女の息子さんは、とても礼儀正しく優しいいい子。
「(うちの息子)くん、あそぼー」
と誘ってくれたり、
楽しそうに遊んでくれてホッ。


2月8日(土)

ニコニコこども館にてからだであそぼ。

トンネルくぐりや、一本橋、
「バスに乗って」の歌に合わせて親子で触れあいながら体を動かすなど。


2月10日(月)

幼稚園のプレ、閉会式。
園長先生がひとりひとりに賞状と絵本のプレゼントを手渡ししてくれました。
また、絵本の会のお母さんがたによる読み聞かせがあり、
「はらぺこあおむし」の人形劇には息子も興味津々。


2月12日(水)

子育て支援センターにて絵本交換会。
持参した絵本に応じて、
郡山市カルチャーパークの遊園地、
ドリームランドの乗り物券と交換してくれる企画。
ダブって持っている絵本などを持参し、乗り物券を頂きました。


2月14日(金)

子育て支援センターにてバレンタインのカード作り。
スタンプやシールを利用して小さなこどもでも一緒に作れ、
かわいいカードが完成。


2月15日(土)

外遊び。
いくつかの遊具がある小さめの公園へ。
まわるジャングルジム、シーソーを指差し次々に乘りたがった。
ブランコは、 これまでは抱っこで一緒に乗っていたけれど、
乗せてあげると自分で乗っていられるようになった!
持参したボールを転がして追いかけたり。
小春日和とはいえ風が強く、
長時間はいられなかったけど、外遊びを楽しんだ。

2月17日(月)

子育て支援センターにてモンテッソーリ教育についての講演。
要約すると、大人から見るといたずらに見えるこどもの行動も、
やりたがることは成長に必要なことだから、
やられて困ることならそれに代わることを用意してやらせてあげるのが良い。
というような内容と受け取れた。
モンテッソーリの教材は、お高くてびっくり!
講演で紹介された、100均の材料で作れるオモチャを作ってあげよう♪
7_20200225221401

2月18日(火)

実家へ。
息子は実家に向かう車のなかでも、ばあばの名前を呼びテンションアップ。
いつもながら、まとわりついてはしゃいで遊んだね。
帰りには、母がたくさん作ったおでんを持たせてくれて、体もぽかぽか。
お母さんありがとう。

2月20日(木)

育児サークル活動2回目。
新聞紙、ビニール袋、バスタオルを使って遊ぼう!
大きなゴミ袋風船はこどもたちがキャッキャ楽しそうに遊んだ。
バスタオルでゆらゆらハンモックや、そり遊びなど、
親子でできる遊びを楽しんだ。

そのあとママ友さんの家へ。
我が家には無いタイプのオモチャがあり、
息子もだんだん慣れて遊ばせてもらった。


2月22日(土)

お弁当を作ってドリームランドへ。
市営の遊園地で、この日は観覧車が無料解放♪
他には豆汽車や、
息子が現在大好きな機関車トーマスの幼児用乗り物もあり、満足そう。
室内こどもの遊び場では、
大きなバランスボールを転がしたりフラフープを並べてみたり、
独自の遊びを楽しんでいた。
力一杯遊んだ後はいつもよりお腹がすくのか、
外で食べるから新鮮で楽しいのか、
普段よりもりもりたくさん食べてくれた。
8_20200225221401
Dsc_9937 残念ながらメリーゴーランドは休止中

2月23日(日)

車検でディーラーへ。
1時間ほどの待ち時間、息子が飽きてぐずらないか気がかりだったけと、
展示車を見たり、持参した軽食・おやつを食べたり、
キッズスペースでお絵かきしたりして過ごした。

さて次はどんな1か月になるかな。

2020年1月22日 (水)

育児日記2歳1ヶ月

2歳1ヶ月を前に風邪で高熱を出した息子。
クリスマスにも高熱と咳とで、
検温、お薬、食べられるものを食べさせ、
あとはほとんどずっと抱っこして過ごした状態。
もともと抱っこ大好きで、
「だ、だ!」とだっこをせがむけど、
熱の出ていた日は、とにかく私がトイレに行くのも大変なほど、
ずーっと抱っこ。
初めての高熱で本人も不安だし体はつらいしで、
せめて抱っこされて安心していたかったのかな。
熱が出てから3日目の夜もまた39度を超え、
翌日も38度代で推移。
23日に処方されたお薬は5日分あったけど、
あまりに高熱が続くので心配になり、
翌27日、病院を再診。
再度のインフルエンザ等の検査や、
レントゲンを経て、
RSウイルス陽性との結果に。
気管支炎をおこしていて、
肺炎になるおそれもあるとのことで、
そのまま入院に。

6ヶ月のときにも入院は経験しているけど、
クリスマスに、お正月準備という、
1年のうちでもとても楽しいはずの時期に入院とは・・
と、かわいそうになりました。

看護士さんに別室に連れていかれ、
点滴処置されている息子のものすごい鳴き声が聞こえてきて、
思わず椅子から腰を浮かしたけどどうすることもできず。

3泊4日で退院でき、お正月は家で過ごせました。

私と、さらに夫にもひどい咳の症状がうつり、
予定していたイベントはすべてキャンセルし、休養メインのお正月。
とにかく治って良かった。

健康って大切。

1_20200122135201

7日
子育て支援センターにて新年会。
折り紙や紙のお皿で作ったコマ回し、
福笑い、カルタ取り。
歌やダンス、
干支のはじまりのロールシアターなど、
楽しそうに参加。


11


8日

昨年参加した、のびのび子育て広場のメンバーのなかから有志で、
サークルを立ち上げることになり、
参加希望者が公民館の託児室に集合。
転勤が無く、公民館に近いことから、
私がサークル代表者に。
他に会計、副代表などを決めたり、
公民館に提出する書類を作ったり。
これから楽しいサークル活動ができるといいな。


翌9日、
代表者なので、出来上がった書類を持参し、再度、公民館へ。
今後の活動日の部屋の予約も6月分までできて、ホッ。
息子は、私が手続きしている間、
持ってきたお気に入りの車のオモチャで遊びながら、
ぐずることなくちゃんと待っていてくれた♪


そのあと実家へ。
お正月に、風邪で夫がダウンしていたので、
恒例の新年の集まりができなかったこともあり、
大好きなばあばに会えて、息子は大ハッスル。
お買い物に一緒に行ったら、
カートを押して、かごにどんどん物を入れたがる。
実家ではばあばにダイブして抱きついたり、
全身でばあば大好き!を表現。


11日

12
トミカ博 in 仙台 ゼビオアリーナへ。

Dsc_9179
とにかく車大好き、
さらにこのところ機関車トーマス大好きで、
「シュッポッポ!シュッポッポ!」とテレビでトーマスを見たがる息子が喜ぶかと、仙台まで車で往復。

Dsc_9182
大人気のトミカがずらり、
限定モデルもあるためか、
ものすごい混雑。
初めての場所で、自分より大きなこどもたちが多く、
息子は気圧されたのか抱っこしたがっていたけど、
広がるトミカワールドで動く車や電車、
お目当てのトーマスと仲間たちのモデルを見つけ、
食い入るようにじ~っ。
13
目下、このとき購入したトーマス、
ジェームス、パーシーが大のお気に入り。

13日

両親との食事会。
風邪の一件でお正月行事はすべてキャンセルしたため、
この日に、カニ専門店で食事会。
息子はじいじには久しぶりに会え、
最初ははにかんでいたけど、
帰りの頃には
「じいじ!じいじ!」を連発。
抱っこしてもらって満足顔。

15   14

1月16日

子育て支援センターにて親子体操。
ストレッチや、オーガンジーを使っての遊びなど。
息子は特にふわふわするオーガンジーでの遊びが気に入った様子。


1月17日
ニコニコこども館にて、アロマスプレー作り。
参加費¥400で、好みの香りの精油を選び、アロマスプレー作り。
さらに、1回分のバスソルトを調合。
これはこの夜、さっそくお風呂に投入。
いつもより 体が暖まった感じ。

そしてこの日、アロマスプレー作りのあとで、
昨年参加したのびのび子育て広場を通じて親しくなったママ友と、
初めてランチへ。
行き先はキッズスペースのあるカフェ。
お互いに2歳の男の子を育てている同士、
目下参加している幼稚園のプレのことから、他愛のない話まで、
いろいろ話してなんだかスッキリ。
息子は、同じものを食べているお友だちに刺激されたのか、食欲増進!
家ではうろうろ歩き回ったり、遊び始めたりして食事に集中しないのに、
オーダーしたキッズカレーをぺろり。
五穀米を使ったライスに、
こども向けに細かくカットしたニンジンなとが入ったカレーは、
出てきてすぐにこどもが食べられる温度になっており、
お店側の配慮がうれしい♪

Dsc_9262


1月21日

幼稚園のプレ、キッズクラブ。
この日の内容は、楽器で遊ぼう!
タンバリンやカスタネット、鈴を交代で鳴らして遊ぶ。
カエルやウサギ、ネコなどのお耳帽子から好きなものを選んで着用。
最後は、応援のポンポンを手に持って、
みんなでパプリカダンス。
ダンス好きの息子は楽しく参加、
・・のはずが、
この日、開始時間までボール遊びをしていたとき、
息子は自分より大きな男の子に、
手に持っていたボールを奪い取られたことで泣いてしまい、
すっかり気分を害した模様。
そこからずっと「だ、だ」と抱っこをおねだり。
あまり参加できずに終了。
幼稚園に行くようになればいろんな子がいるだろうから、
こんなことにも少しずつ慣れてたくましくなってくれるといいな。

さて、
2歳1ヶ月になり、息子にテレビを解禁。
「いないいないばあ」
「おかあさんといっしょ」
「アンパンマン」
「機関車トーマス」
を、時間を決めて見せることに。
当初、機関車トーマス以外をそれぞれ見ていたけど、
機関車トーマスを見て以来、
テレビを見せるときになると
「シュッポッポ!シュッポッポ!」と、トーマスを催促。
機関車トーマス以外、受け付けない状態に。

時々遊びに連れていっている子育て支援センターには、
機関車トーマスシリーズのオモチャがずらり。
「シュッポッポ!シュッポッポ!」と言いながら、楽しそうに遊びに集中。
午前中たっぷり遊んで、
お昼過ぎから帰ろうと声をかけても、
なかなか帰ろうとしないので大変だけど。

7  Dsc_9047 

最近のお気に入りメニュはドリヤ、ミートソーススパゲティ、ファミレス風に仕上げたワンプレートハンバーグ。

言える言葉が増えている息子、
「パーシー」「トーマ(ス)」「ゲイタ―」が言えるようになりました。
「アオ」「キイロ」、
「アタ」と聞こえるけど「アカ」の3つの色は、
言えるようになり、それぞれどの色か認識している。
こちらの言うことを真似て繰り返したり、
「シーシー、デタ」
「ママ、シーシー」
「ブーブー、キタ」と、
2語文も飛び出し、
だんだん発達しているんだなぁと、じ~ん。これからますますいろんな成長を見せてくれるんだろうな。


2019年12月23日 (月)

育児日記 おめでとう2歳☆彡

11月23日

翌24日が息子2歳の誕生日!
ちょうど夫も仕事が休みの第4土曜日。
横浜にいる妹も帰省してきて、
両親も含めみんなで大玉リゾートヒルズに宿泊、誕生日を祝いました。

プレゼントの車のオモチャやブロックで遊んだり、
大好きなじいじ、ばあばにまとわりついてはしゃいだり。
温泉にはばあばも一緒に3人で入浴。
息子は一丁前にボディーソープを自分で押して泡を出し、
お腹につけて体を洗ってる。

ディナーにて、
普段は食事にまったく集中せず、
動き回り、スプーンやフォークも持とうとせず、
遊びつつ雛鳥のように口を開けて食べさせてもらいたがる息子だけど、
大勢で囲むこの日のディナーは、
皆がフォークなどを使う様子に刺激されてか、
私が食べやすい大きさにカットしたハンバーグを、
フォークでなんとか突き刺し、口に運んだりもしていた。

翌24日
妹は、向山製作所のプリンを購入してから帰途についた。

午後、子育て支援センターに遊びに連れていくと、
お集まりのとき、みんなでハッピーバースデーを歌ってくれた。

2歳、本当におめでとう!
生まれてきてくれてありがとう!!
あんなに小さかった君が、
こんなに力も強くなり、
スクスク育ってくれて良かった。
初心者母親で、悩んだり戸惑ったり不安になったりするときもあるけど、
一生懸命向き合っていくから、
これからもよろしくね。


11月26日

子育て支援センターにて作って遊ぼう。
牛乳パックを利用し、
食べさせ遊びのオモチャを製作。
息子も顔に殴り書きだけどクーピーで色を付けたり、
出来上がった食いしん坊のアンパンマンに、
果物やお魚カードを食べさせては出し、
また食べさせて、かなり気に入った様子。

11月27日

ショッピングモールで買い物ついでに、
息子の大好きな電車やアンパンマンの乗り物へ。
¥100でガタンゴトン楽しんだあとも、あちこちのスイッチを触って運転手さん気分満喫。
なかなか降りようとしないので帰るに帰れなくなるけど、
平日午前中とあって他にお客さんの姿は無く、
息子が満足して降りてくるまで気長に待って、乗せました。

 




午後は予約の2回目のインフルエンザ予防接種。
13歳まではインフルエンザ予防接種は2回とのこと。
今回息子はチクンとされたとき少し泣いてしまったけど、
過去にインフルエンザにかかった経験から言わせてもらうと、
注射の一瞬の痛みのほうが、インフルエンザにかかった苦しみよりずーっと楽だよ。


11月28日

のびのび子育て広場にて体を使った遊び。
ジェンカじゃんけんや、
音楽に合わせてダンスなど、
息子はよほど楽しかったようで、
帰宅後はすんなりお昼寝。


11月29日

子育て支援センターにて、
11月生まれの誕生会。
手形をとってくれたり、
体重、身長を計測、
カードにしてプレゼントしてくれました。
お集まりのときにみんなでハッピーバースデーを歌ったりしてお祝い。
良い記念になったね。





12月1日

キッズスペースのあるレストランでランチ。
午後は開成山公園で遊ぶ。
滑り台がお気に入り。
何度も何度ものぼってはシュー!
たくさん歩いたね。

 

公園の池のカモに興味津々



12月5日

のびのび子育て広場にてクリスマス会。
子育てサポーターのかたがたによるハンドベルの演奏や、
おおきなかぶの劇を見て楽しんだり、
サンタクロースとトナカイの登場で、
クリスマスプレゼントをいただいたり。
このプレゼントは、前もって各保護者が紙のブーツに飾り付けをし、
なかにプレゼントを入れて、スタッフにこっそりと渡しておいたもの。
私も、息子が寝たときなどに、息子に見られないようにこっそりせっせと作りました。
中身は息子が大好きなミニカーと、
繰り出しタイプのクレヨン。

 

5_20191223142801  

12月8日

子育て支援センターにて絵本音楽会。
音楽療法士のかたが絵本と電子ピアノのコラボで、
はらぺこあおむしの朗読をしてくれたり、
音楽に合わせて歩き、
音楽が止まったらクリスマスツリーにオーナメントを飾る遊びなど。
息子は特にこの遊びが楽しかったよう。


12月10日

幼稚園のプレにて新聞紙で遊ぼう。
ビリビリ破いたり、
破いた新聞紙をビニールに入れて丸め、ボールにして投げて遊んだり、
玉入れしたり。
新聞紙で広がる遊びを楽しんだね。

そのあと実家へ。
母が息子の好きなりんごなどを揃え、
また、サッカーボールなども用意して待っていてくれました。
ばぁばが大好きな息子。
サッカーボールをやり取りして遊んでもらったりしてハッスル!
いつもより食欲も増進!
トマトなども、もりもりぺろりと丸ごと平らげました。
息子を丸ごと受け入れてくれる母の愛情に触れ、ほのぼのした気持ちに。
お母さんありがとう。


12月12日

のびのび子育て広場にてフォトフレーム作り。
紙皿を使い、持参したマスキングテープやシールで飾り付け、
参加メンバーで撮った写真をオリジナルフレームに。
息子も星や車のシールをペタン。
のびのび子育て広場に参加した良い記念になりました。


12月15日

ニコニコこども館でキッズマンクリスマスコンサート。
息子も大好きなキッズマンのテーマ曲や、
クリスマスにちなんだ曲、
方言を楽しく羅列した曲など、
楽しく体を動かせるメドレー。
ダンスが好きみたいで、
曲がかかると楽しそうに体を動かす息子。
大勢が詰めかけていたけど、
そうした場にも以前より慣れてきたよう。
本のサプライズプレゼントもありました。


12月17日

子育て支援センターにてクリスマス会。
鈴付きのかわいいリースを作ったり、
流行りのパプリカや、
ピカピカブーをダンスしたり。
最後はサンタさん登場で、
手作りのサンタの人形がみんなにプレゼントされました。
息子はダンスでハッスル!
楽しそうに体を動かしました。

12月18日

公会堂にて親子で楽しむコンサート。
こどもが泣いても、大声を出してもかまわない、とのことなので安心して参加できた。
アンパンマンやパプリカ、
クリスマスメドレー、
ディズニーマジックキングダム、アンパンマンやトトロなど、
楽しくこどもが大好きな曲の演奏。
息子は手拍子や、拍手をしたり、
楽しそうに参加。
最後のほうは少し飽きてきたのか、椅子の上でもぞもぞしたりしたけど、
泣いたり、声をあげることもなく、
アンコール曲のドラえもんまで聴けました。


12月19日

公民館にて全13回の、のびのび子育て広場最終回。
4ヶ月にわたり集まって、グループ活動で遊びを企画したり、
子育てサポーターのかたから楽しいふれあい遊びを教えてもらったり、
子育て中という同じ立場のお母さんがたと、日々のさまざまなことについて話せたり、
とても楽しく、有意義で、
ストレス発散になっていた。
息子は、出席確認で自分の名前を呼ばれると、
手をあげることができるようになったし、
成長したんだなぁとしみじみ。
この日は、みんなでハンドベル体験。
きらきら星や、ジングルベルを演奏。
この集いも、もう終わりか、と名残惜しかった。


12月20日

母が、来年のカレンダーを選びに行きたいとのことで、一緒に買い物へ。
キッズスペースもある大型書店へ行き、息子は大好きなばあばとお出かけとあっておおはしゃぎ。
ファミレスでランチをし、
衣料品店やスーパーへの買い出しもお供。
普段ならお昼寝する時間になっても、
ハッスルし、母にまとわりついていた息子。
夕方、帰りの車でぐっすり寝ていました。

Dsc_8895


12月22日

昼過ぎから息子は咳をしだして、
熱も平熱より高くなったため、
休日救急当番の病院へ。
このとき熱は37.4度。
粉の飲み薬1日分と、座薬を処方され、
風邪だろうけど熱が上がったら、
掛かり付け病院へ行くように言われて帰宅。
日付が変わった夜中、1時過ぎ、様子がおかしいので体を触ると熱く、
熱が39.4度にもなっている!
これまでこんなに高熱出たことがないからかなり不安になり、
当番病院に指示をあおぐと、
病院に来る必要はない、座薬をいれるようにとのこと。
初めて息子に座薬をいれました。

その後、朝までずっと
「ママ、ママ」
「ブーブー、ブーブー」など言ったりぐずったり。
朝になってもまだ熱は39.1度。
掛かり付けに朝イチで行って来ました。
インフルエンザ検査は陰性。
喉風邪とのこと。
インフルエンザでなかったことはほっとしたけど、
風邪でこんな高熱が出るなんて。

この日、ニコニコこども館でクリスマス会を予約していたけど、
もちろんキャンセル連絡をし欠席。

クリスマスを前に体調崩してかわいそう。
とにかく早く元気になってね。

3_20191223142801 6_20191223142801

最近のお気に入りメニュー おにぎりにすると食欲増進  まぐろはチーズ焼きに

 

2019年11月22日 (金)

育児日記1歳11ヶ月

1歳11ヶ月になろうとする頃から、
就寝前の謎の(?)ハッスル!
「リュロリュロリュロリュロリュロリュロ!」
「パペチ フェピ ノ ジジ!」
等々の謎の言葉(呪文!?)を叫び、
ベッドの上で弾み、
私のお腹の上にダイブ
(ウゲッ( ゜ロ゜)!!)
これを30分ほど、長いときはなんと90分。
宇宙との交信か?
呪術か!?
という謎の言葉の合間に
「ママ!」や「ジイジ!」。
そして突然電池切れのように寝る。

10月24日
のびのび子育て広場にて親子体操。
体操の講師が来て、
親子で楽しく体操。
普段なかなかしない動きで気持ちよく汗をかきました。


10月25日
ニコニコこども館にて「英語で遊ぼうハロウィンパーティー」。
ABCの歌を歌ったり、
カボチャのバッグを作ったり。
思い思いの仮装して集まったこどもたちを見ているだけでも楽しかった♪


10月27日
キッズマン ハロウィンコンサート。
定番のキッズマンのテーマソングで踊ったり、
大きな栗の木の下でや、野菜の歌、
夢を応援する歌などに合わせて、
息子も楽しそうに体を動かしていました。

10月28日
子育て支援センターにて「英語で遊ぼうハロウィンパーティー」。
先日のこども館でのパーティー同様、
walk walkと言いながら歩いたり、
run runと言いながら走ったり、
jump jumpと言いながら跳ね、
stop!で動きを止める遊び。
パネルにキャンディーやパンプキン、
ゴーストなどを貼り付ける遊びは、
かなり楽しかったのか何度も何度もやっていた息子。

 

11月4日
秋晴れの行楽日和、宇都宮動物園へ。
高速を使うと一時間ほどのアクセス。
ホワイトタイガーや象、キリンも見ることができ、
息子も興味津々。
係りの人が付き添って、ポニー乗馬初体験!
息子1人で乗り、真面目な顔をして一周。

 

2_20191122142801
園内に子ども向けの遊園地もあり、
メリーゴーランドなどに乗せたらよほど楽しいのか、
「も!も!」と催促。
観覧車や豆汽車なども楽しみました。


11月6日
子育て支援センターにてくだもの作り。
丸いスポンジとスタンプを利用して、葡萄を制作。
息子はスタンプ台を手で触ったり、
葡萄の形の画用紙ではなく、
下に敷いた紙の方にスタンプ押したりしつつ、 なんとか完成。

この日の午後、
息子はインフルエンザ予防接種1回目を受けました。
大好きな自動車のシールを持たせ、膝に抱き、
息子の腕と腰をぐっと押さえていざ注射!
チクン!の瞬間、身体をビクン!とさせ、
顔をくしゃっとさせ泣きそうになったものの泣かず。
すごいね!頑張った。
「チクン痛かったね~、頑張ったね~」と声をかけると、
自分の腕を指して「チ(クン)!(とされたの!)」。
私は先月末に接種済みですが、
幼児は2回受けねばならず、今月末にまたチクンが控えています。


11月7日
のびのび子育て広場にて、
私と息子が所属するチーム主催のイベント。
お譲り会&茶話会を開催。
ほとんど着用していないのにサイズアウトしてしまった服や靴、
頂いたけど息子はまったく興味を示さず、
新品のまま放置していたぬいぐるみ等を持参。
好評で、みんな楽しそうに品定め。
捨ててしまうよりも、どこかでまた役に立つなら、
モノを大切にできるし、
こうした機会が定期的にあればいいなと感じました。
そして、
この日の出欠確認で名前を呼ばれたとき、
息子は両手をあげて応えることができた!
出来ることがまた増えたね。


11月8日
ニコニコこども館にて、
わらべ歌とおもちゃ作り。
牛乳パックで作る変わり絵のおもちゃを制作。
さらに、「馬はとしとし」「東京都日本橋」など、
こどもと触れ合いながらあそべるわらべ歌を教わり、
帰宅後もやってみたら息子は、
「も!も!」ともう1回コール。

11月9日
ムシテックワールドへ。
虫って好きではないので、
これまでは行ったことがなかったけど、
息子が楽しめればとgo!
昆虫をテーマにした科学館で、
「バカの壁」の大ベストセラー作家でもある養老孟司氏が館長をつとめている。
虫関係の展示や体験の他、
液体窒素の実験ステージや、
工作体験コーナーもあり、
私も楽しめました。


11月10日
浄土松公園へ。
ここは、私がこどもの頃、遠足でも行ったことがある公園で、
県の名勝天然記念物に指定されている
奇石「きのこ岩」は、
巨大な白い岩があったなぁと記憶に残っていた。

Dsc_0236
広大な公園内には、滑り台など遊具が設置されているコーナーもあり、
息子は何度も滑り台を楽しんだり、
ドングリや松ぼっくり、きれいに紅葉したもみじを拾って遊んだり、
秋を堪能。
持ってきたお弁当を食べ、
続いて大槻公園へ。
アスレチックや大きな滑り台などもある大型公園。
室内遊び場もあり、息子はここで、
私や夫がサポートしつつ竹馬に乗ったり、
フラフープに挑戦(?)したり。
たくさん体を動かして遊んだ1日。


11月12日
幼稚園のキッズクラブにてお散歩ごっこ。
この幼稚園は、街中にあるけれど、
歴史ある神社の安積国造神社(八幡様)の境内にあり、
鎮守の森にかこまれた緑豊かな環境。
大きなケヤキやイチョウなどが紅葉していた。
落ち葉やドングリを拾って遊び、
それらを紙のお皿に自由に貼ってオブジェを作ろう!という内容。
息子は、ドングリ拾いにはまり、
帰りの時間になっても木の根元に這いつくばってなかなか帰ろうとせず。
園庭では砂場で、砂の感触が珍しいのか、
触ったりつかんで投げたり。
砂まみれになり遊んだ。
初めて実物のてんとう虫を見つけ、
指でつかんだり、落ち葉につたわせたり。
自然に触れ合え良い体験になった。


11月14日
ニコニコこども館にて320教室。
3歳で20本の乳歯を健康に保つための、
半年に1度の教室に参加。
歯科医師の健診、
歯に赤い色素をつけての仕上げみがきチェック、
フッ素塗布、
栄養士さんに栄養相談もできた。
現在16本の乳歯は虫歯も無く、
噛み合わせなども問題なし。
良かった。
虫歯になって痛い思いをさせるのもかわいそうだから、
今後も気をつけてケアしてあげたいな。



11月17日
ニコニコこども館祭り。
1階から4階まで、各部屋でさまざまなイベントが開催された。
手作りおもちゃで、木のパズル作りや、折り紙、
縁日ごっこ、クリスマスリース作りなど、
親子で楽しみました。

31

11月18日
ニコニコこども館にて秋の運動会。
親子で体をほぐしたあと、
段ボールにこどもを乗せて引っ張るリレーや玉入れなど、
私も体を動かせ、スッキリ。
息子は最初、気分がのらなかったのか、
参加せず会場の隅でしゃがみこみ、
ガンとして動こうとしなかった。
途中から俄然やる気を見せて楽しそうに参加。
帰りには、みんな帰ってしまっても、
帰ろうとせず走り回って自由奔放。

1_20191122142801

11月19日
子育て支援センターにて収穫祭。
紙でつくった大きなたくさんのさつまいもの蔓を、
アンパンマンのお面を付けて、みんなで引っ張ったり、
ウサギさんに果物を食べさせてあげるかけっこ、
流行りのパプリカでダンスなど、
たくさん体を動かし遊びました。

11月20日
母とデパートへ。
今度の日曜日に2歳を向かえる息子に、
素敵なシャツとデニム、ムートンのブーツをプレゼントしてくれました。
買い物をしてから久~しぶりにデパート内のレストラン、エルマールで3人で食事。
母と私な人気メニューの大人のお子さまランチ。
息子はキッズプレート。
母がいてくれたので、動き回る息子を交代で見ながら、
なんとか外食できました。

6_20191122142801

11月21日
公民館にてのびのび子育て広場。
リトミックの講師が来て、
音楽に合わせて体を動かしたり、
ボールやシフォンの布を使った遊びを教えてくれました。


さて、今週末は息子の誕生日。
記念に両親も一緒に3世代で近場の温泉に1泊旅行します。
妹も帰省してくるので楽しみ。

息子の体のこと。
しばらく前から肘の内側や、膝の裏、内腿あたりの肌が赤くなり、
時々掻いているので小児科で診てもらうと、アトピーとのこと。
ステロイドと保湿材で対処していくことになり、
定期的に通院することに。
お薬の効果は絶大で劇的に肌の赤みはひき、
掻かなくなったので、かなりキレイに。
少しずつでも、薬に頼らずお肌を健康に保てるようになるといいな。

2019年10月22日 (火)

育児日記1歳10ヶ月

今回はまず、最初に甚大な被害を出した、
10月12日の台風について。

その日、降り続くどしゃ降りの雨におびえつつ、
いつでも避難できるように息子の必需品などを荷造り。
住まいは過去に浸水被害は無かった地区ではあるものの、
水はけが悪く、実際、水が溢れた駅前からは近いため、
ひっきりなしのエリアメール、
市からの避難勧告に、不安で眠れない夜を過ごしました。

実家は一部が決壊した阿武隈川に近いため、こちらも心配。
翌日雨が止み、晴れた空と家族の無事を確認したときは、
本当にホッとしました。

でも、外に出ると、
冠水で通行止めの道路があり、
迂回のためと、避難してきている人達の車も増えたためか、
通行できる道路は大渋滞。
また、いつも通る道路で、
浸水被害の爪痕生々しい光景に遭遇。
ショックでした。

こんな恐ろしい台風は初めてです。
想定外のことが起きてしまう現実。
自然の猛威を前に自分の無力さに茫然としてしまう。

被害にあわれたかたには心よりお見舞い申し上げます。

この日記を書いている現在、朝から雨が続き、不安な気持ちに・・

さて、
こうしたことがあっても、
息子の笑顔は何より元気をくれます。


9月28日

息子のバス旅行初体験!

 





子育て支援センター主催のバス旅行で、
石筵ふれあい牧場へ。
当日私は朝5時起きでお弁当作り。

もともと乗り物大好きな息子。
それは、道行くバスやタクシーを歩道にしゃがんでずっと見ていたりするほど。
でも小1時間ほどのバス移動で、
万が一ぐずったり騒いでしまったらとの心配をよそに、
初めて乗るバスに、
バスの車窓からの眺めを夢中で見ていた息子。

天気にも恵まれ、
牧場では楽しそうに馬や羊、
アヒルやうさぎを見たり、
4人乗り自転車に乗って一回りしたら、
よほど楽しかったらしく、
「じ! じ!」と催促。
もう一度4人乗り自転車で一回り。
息子のうれしそうな顔♪
私も夫も気持ち良い秋の牧場を楽しみました。

Dsc_7760



楽しく遊んでお腹もすいたのか、
お弁当の玉子焼きとハンバーグ、
おにぎりをペロリと平らげた息子。

帰りのバスで息子はスーッと寝ちゃいました。

またこうした機会があったらぜひ参加したいな。

 

Dsc_7703 


9月29日

ビッグパレットふくしまにてファミリーフェスタ。
さまざまな企業が出店しており、
ゲームに参加してお菓子(うまい棒など)を頂いたり、
ハロウィンのバッグを作ったり。
ふくしまキッズマンのコンサートもあり、息子も楽しそう。
少し前は、混雑するところでは萎縮してしまった息子だけど、
人混みでも興味を持ったことに参加できるようになった姿にじ~ん。

10月1日

幼稚園の入園前体験。
私も卒園した幼稚園にて、プレ体験。
この日はお店屋さんごっこ。
かわいいお財布に紙のお金を入れてスタート。
幼稚園の年長さんたちが作ったものをずらりと並べ、
元気いっぱいいらっしゃいませ~!と売り子さんに。
紙粘土や箱、モールやビーズで作った、
アクセサリーやラトル、食べ物など、
年長さんたちの力作は、見ていても楽しい。
息子は、おすすめですよ~!と言われた指輪、
アメリカンドッグ、ペンダント、スイーツを買いました。
初の登園で、緊張ぎみだったけど、興味津々の様子。
イベント終了後、
幼稚園のなかを先生が案内してくれたとき、
手を差し出してくれた先生と、
素直に手を繋いだ息子。
この様子なら幼稚園にスムーズに馴染めるかなと少し安心。

 

←息子が買った園児たちの力作



10月5日

ニコニコこども館にてひよこ体操。
「お弁当バス」ごっこや、
体操、ダンスなど、
親子一緒に体を動かせ楽しみました。


10月6日

イベント開催中のコミュタンふくしまへ。
ここは、福島県環境創造センター交流棟で、
放射線や環境問題を身近な視点から理解し、
環境の回復と創造への意識を深めるための施設とのこと。

館内には、放射線やふくしまの環境の現状に関する展示、
360度全球型シアターやホールなどがあり、
キッズスペースで遊ぶこともできる。

イベントでは、さまざまなもの作り体験ができたけど、
息子にはまだ早すぎたため、
館内展示を楽しみました。

タッチすると画像が変化する壁面に、
興味津々。
Dsc_7920  


10月8日

幼稚園のプレ体験2回目。
今回は運動会ごっこ。
大玉転がしや、
紙でできたニンジンを拾い、
ウサギさんのかごに入れるリレー。
2、3歳のこどもたちと混ざって、
ちゃんとできるかな?と心配もあったけど、
保護者同伴だし、他のこどもたちの様子を見ていたからか、
息子も一生懸命参加。
最後にはみんなに金メダル!
お土産にお砂場遊びセットも頂き、
息子はキラキラの金メダルをうれしそうに握っていました。

 
10月11日

支援センターにておはなし会。
パペットを使った赤ずきんちゃんのお話や、
エプロンシアターでの大きな蕪を楽しみました。



10月16日

支援センターにてハロウィン運動会。
段ボールのソリに子供を乗せてのリレーや、
トンネルくぐり、
玉入れ、
紙で作ったペロペロキャンディーや、クッキー、
かごのプレゼントを受け取りながらの障害物競争。
みんなに折り紙で作ったメダルの授与も。
ラストは息子が大好きな「ワオの歌」でダンス。
細かな振り付けはできないけど、
曲がかかるとノリノリで体を動かす♪

ダンスと言えば、
今月、お集まりの時に踊る「オバケのばけちゃま」も、大好きみたい。

10月18日
母がおでんをたくさん作ったので、
取りにおいでと誘ってくれ、実家へ。
息子も、大好きなばあばに会え、テンションマックス。
「ばあば」ではなく名前で呼んで欲しいという母の希望で、
息子には母の名前で教え、呼ばせています。
息子はまだフルネームで発音はできず、
名前の一部「の」と母を呼びます。
「の!の!」と追いかけ回し、
抱きついて甘えたり、
庭に出て、母が育てているお花を見て楽しんだり。
息子が大好きなミカンやリンゴ、
梨などフルーツも各種用意しておいてくれた母に感謝。



風邪
10月19日の夕方くらいから、
息子はくしゃみ、鼻水が出て、夜には咳の症状も。
鼻がずびずびし苦しそうで、熟睡できない様子。
翌日曜日朝、当番病院に行ったところ、
先日の台風で被災しており、
外来受付が当面できないとのこと。
こんなところにも台風の影響が出るなんて。
急ぎ代わりの当番病院へ。
かなりの混雑で、3時間近く待たされ診察。
抗生剤や、2種類のシロップ状のお薬、
熱が上がった場合のお薬を出され、
鼻水吸引をしてもらい帰宅。

夜は咳が出て、
背中をさすったりしていたものの、
苦しげな姿がかわいそうでつらかった。

こどもの病気は本当につらい。
先日、あまりにもやんちゃにはしゃぎまくり、
やってほしくないことを次々やる息子に手を焼く私に、
「おとなしいのは病気のときくらいなんだから、
元気でありがたいんだよ」
と言った母の言葉かよみがえりました。
さすが、こどもを育てたことがある人の言葉は重みがある。


◎のびのび子育て広場にて。

その1
身の回りにあるものを使った遊び。
新聞紙をビリビリにしてスーパーの買い物袋に入れ、口を縛るだけ。
カサカサいう感触や、
新聞紙をビリビリにする楽しさからか、
息子もハッスル♪
楽しそうに投げたり蹴ったり振り回したり。

その2
運動会。
お手玉を使った玉入れ。
ロープをつけた段ボールにこどもを乗せて引っ張るリレー。
借り物競争。
これはグループ活動で私と息子が所属するチームで企画、準備した活動。
みんなで何をやるかアイデア出し合い、
こどもたちにあげるメダルを折り紙で作ったりの準備も楽しかった。

Dsc_7889


その3
ハロウィンイベント。
紙で作ったキャンディー運びリレーなど、楽しく体を動かしました。

 

Dsc_7891 息子はパンやパスタが好き。野菜とひき肉たっぷりのミートソース。


困っていること。
とにかく何度言い聞かせても、
シンクにあらゆるものを投げ入れる。
それは、私が炊事や洗い物をしているときに限らず。
自分の服、ぬいぐるみ、本など紙類に至るまで。
紙類などは濡れてダメになってしまうものも。
しつこく何度も何度もやるし、
ほとほと困る。

オモチャや本を投げる。
積み木なども投げる。
オモチャ同士がぶつかり壊れたりもする。
自分が気に入って遊んでいるオモチャなのに投げる。
これも何度言っても何度でもしつこくやる。
ベビーゲートを設置している外側に投げる。
たくさんあるオモチャを全部投げるので、
片付けも大変だし、
私が家事などしていると、
思わぬところに転がっていて、
踏んでしまい足に激痛!

食事中、専用の椅子から立ち上がる。
歩き回り動きまくる。
口に入れた食べ物を出して投げる。
食器も投げる。

年齢が上がるにつれ、
やらなくなるのかなぁ。

2019年9月21日 (土)

育児日記1歳9ヵ月

イベント盛りだくさんな1歳9ヶ月。

息子がちょうど1歳9ヶ月を迎えた土曜日、
お盆休みには特別なお出かけをしなかったかわりに、
両親も一緒に芦ノ牧温泉へ。


芦ノ牧グランドホテルは、とにかく食事がおいしい!
以前宿泊して以来、夫と父がかなりお気に入りの宿。
幼児食を付けたので息子も豪華なお子様メニュー。

 


息子が食べられないものは、私がおいしく頂きました♪
そして息子初めての温泉入浴!
これまでは温泉宿でもお部屋のお風呂で新湯に入浴していた息子。
そろそろ温泉デビューできるかもと、
母と私と3人で女湯へ。
広い脱衣場でぐるぐる歩き回ったり、
大きなお風呂から見える景色を指差したり。
かなり楽しそうで、温泉デビュー大成功。
お部屋で両親ともたくさん触れ合え良かった。

 





9月1日
児童館での「わらべうたであそぼ」。
手遊び歌や、紙芝居、絵本の読み聞かせ他、
バンダナ1枚から、ネズミやバナナを作っての遊び。
帰宅してからも、さっそくネズミを作ってみたら、
ネコのぬいぐるみを持ち出し、追いかけっこさせたりして楽しそう。

2日
児童館にて「敬老の日プレゼント作り」。
ハンカチに布用クレヨンでお絵かき。
とはいえまだ似顔絵を描いたりなどはできないので、
クレヨンを握りしめて遊び、
自分の手に塗りたくったりしつつ、抽象画が完成。



9日
子育て支援センターにて「手形で敬老の日のプレゼント作り」。
紙のお皿やシールで楽しいプレートが完成。

 




10日
子育て支援センターにて、「足形で敬老の日プレゼント作り」。
かわいいライオンの出来上がり。



連休を利用して夫が長崎に帰省したので、
私と息子は、13日の夕方から15の昼前まで実家にお泊まり。
おかげで、一緒に旅行でもしないと、
普段は仕事でなかなか会えない「じいじ」と触れあう時間がたくさん取れ、
息子は「じいじ、じいじ」を連発。
じいじの手を取り廊下を連れ回したり(散歩かな)、
じいじが毎朝、腸の健康のために食べているリンゴを少し分けてもらい、
一緒にシャリシャリ食べたり、
抱っこしてもらったりでご満悦。
14日のランチに、キッズスペースのあるレストラン、エルマールガーデンを予約。
支配人さんがとても親切だし、
息子が大好きな車が通るのが見え、
大人が食べ終えるまで飽きずにいてくれてホッ。

 





20日
支援センターにてお話会。
紙芝居や、絵本の読み聞かせ、手遊び歌など。
息子はパネルシアターによる不思議な帽子のお話が、
一番楽しかったみたい。

21日
支援センターに、人形劇とピエロがやって来た!人形劇は3匹のこぶた。

食い入るように見ていたけれど、ピエロはちょっと怖かったらしい。

(相手のたたごめんなさい)息子は目下、嫌な時など、心の叫びで『いなくなって~』というようなときに、

泣きべそになりながら「バイバイ」連呼。

ピエロに向かってそれをやったので、

抱っこして離れた場所で見せました。

 


さて、
12月にかけて木曜日に全13回開催の、のびのび子育て広場という親子約25組が参加する集まりがスタート!

公民館の一室で行われ、
子育てサポーターのかたと、わらべうた、手遊びや、読み聞かせ、
クリスマス会もある活動内容。
良い体験になるかと申し込み。
応募多数の場合、抽選とのことだったけど、無事当選。

息子は、児童館や子育て支援センターに、慣れるまで時間がかかるタイプ。
人が多いと萎縮して、入り口でしゃがみこみ、部屋に入れないこともあったし、
他の子が元気にガーッと近づいてくるとびっくりして泣いたり、
私に抱きつき、遊びもせずにずっと抱っこしてたことも。
なので、開始時間よりかなり早く現地に到着し、
その場に慣れてもらう&人がほとんどいないうちに入室しだんだん増えてくることで慣れてもらう作戦を始動。
これが効を奏したのか、
心配をよそに、楽しそうに参加。

毎回手遊び歌などで遊んだり、
親子とも体を動かせリフレッシュ!
フルーツバスケットをしたときは、
親がこどもを抱えて走り回るので、
へとへとになったのは保護者だけだったかも?
とは言え、こどもの頃やったなぁと思い出しつつ、
私自身も楽しみました♪
今後の活動も楽しみ。
こどもを楽しませるだけでなく、
育児中、いっぱいいっぱいになりがちな、
母親の気分転換にもなっている感じ。

食べ物に関しては、この時期おいしいのが梨。
親戚がお取り寄せしてお裾分けしてくれた、親甘泉!
ものすごくジューシーで甘~い梨♪
息子も「な!な!」と夢中でシャリシャリ。

産地直送の甘いとうもろこしをたっぷり使ってスープを作ったときは、
あまりのおいしさに?笑いながら食べ、
さらに両手をあげて万歳までして食べる息子に、
こちらもうれしくなり万歳したい気分に。

これからの季節は、私が大好きな秋へと向かい、
おいしい食べ物もいっぱい。
お芋ご飯を炊いたりもしようかな♪
気に入ってくれるといいな♪

«育児日記1歳8ヶ月

無料ブログはココログ